一応雨が止んだ朝。

f:id:nieraya:20190704063344j:image

おお、久しぶりの桜島

一昨日も一旦は顔を見せたのに

そのあと豪雨でした。

これで降灰も無けりゃ最高なのに。

〜  〜  〜

雨がひどくなって

高台に避難するかどうか夫と決断する矢先

近くの川の水位が下がってきて

留まりましたが

その時私が持ち出そうと思ったのは

☆亡くなった子の遺影

☆亡くなった舅の遺影と過去帳

☆夫、私、姑の

重要セット←保険証、印鑑、通帳

☆ジュエリーボックス小

スマホ携帯充電器とコード

☆着替え3組

☆歯ブラシ+歯磨き粉+電動歯ブラシ

今後も一緒に思い出を作れるものは諦めた。

最低限これだけあればというもの。

そこで感じたのは

今の暮らしは持ち過ぎなのかもということと

いざとなればこれなんだということでした。

 

それにしても

姑が安全安心な住まいに居たので

その分気が楽+身軽であったのが救い。

 

意外だったのは、降りしきる雨を前に

無気力になってしまう自分でした。

夫が買い物に連れ出してくれたり

親戚知人が早めにね、と言ってくれても

全然身体が反応しない。

体がだるくて眠くなっていく・・・。

 

守るべき人がいなくなるとこんなふうになるのでしょうか。

意外な加齢現象でした。

 

いつもお付き合い頂きありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村