正月明けの母と読書と風景

仕事場に向かう道の樹木は・・・。

f:id:nieraya:20200108184112j:image

秋⁉︎晩秋⁉︎と見紛うほどの

黄葉と落葉です。しっとり気温を相まって

一体季節はいつ?


f:id:nieraya:20200108184108j:image

 

ヤシの木が南国っぽいですね。

下はしっかりどこかの?落葉です。

 

今日も今日とて気温16℃以上はあり

やはり裏無しコートで

最早ショール無しでした。

これから2月に掛けて一瞬冷えるのが南国。

モコモコダウン、ケーブルニットや

タートルニット

着られないと寂しいなぁ。

 

我が家は

正月明けの金曜日午後に帰った母が

日曜日に施設でコケて直ぐに施設に行き

月曜日は顔面麻痺のリハビリ付き添い

火曜日はだんだんコケた所が痛み出したので

また様子見に施設に向かい

水曜日の今日、念のために整形外科にかかり

夜熱発し38℃に

明日早々また受診となりました。

つまり

土曜日しか無事な日が無かった、という

まるで気が休まらない毎日です。

今回

余りに痛がるので、いよいよ舅が使っていた

車椅子を自宅から運び出しました。

こうしてますます

歩かなくなり

歩けなくなるのでしょうか。

 

なんくるないさ

テゲテゲ、と考えても

楽観的にはなれない日々は

やっぱり重い〜。

通院と通所を考えると

遅番、超遅番を外してもらって正解でした。

受診はほぼ夫が付き添っています。

保険証無くした、

診察券無くした、

車椅子が〜あれがこれが〜

と言ったりやったりしてますが

実際にやるのが一番。

転勤族で隙間隙間にしか

見られなかったことで舅の急逝時には

ずいぶん落ち込んでいた夫でしたが

今回はずっしりしっかり

母を見ている実感があると思います。

孝行ムスコがんば!

何せ半分こですからね笑

 

介護を巡ってケンカして険悪になるより

あっさり半分こした方が良いと

経験して分かりました。

 

今日は朝倉かすみさんの『平場』を読了。

そもそも

平場という語彙を初めて知りました。

日常使う語彙でしょうか?

深いかも、と思いつつ

自分で自分の人生をやり切りたいと考え

実行する彼女を尊敬します。

私には思っても

やり切るまで出来ない。

 

f:id:nieraya:20200108212008j:image

 

今日もまた道草。

さつまの湯で3時間ガン読みしました。

心スッキリです。

 

いつもお付き合い頂きありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村