病院に行かねばならぬ。母の症状

多少具合が悪くても

自分のことなら何とかなりますが

母の通院に行かねばならぬ。

持病診療に加えて

今日は

圧迫骨折の経過観察日なのです。

 

正直

毎回意を決して行っていますが

時期が時期だけに

更に意を決して行きました。

呼吸器系の持病がいつ何の拍子で

ぶり返すか心もとない。

 

1月に椅子に座り損ねてコケてから

この3ヶ月、一回ポッキリの発熱のたびに

圧迫骨折が重なったのかもとのこと。

今回で3回目の

レントゲン画像からの診断でした。

例えば

どっこいしょと座った時

ベッドにゴロンと横になった時

極め付けは

何気に足を組んだ時なんだそうです。

それ以外に原因が見当たらない(・・;)

丸々逞しかった母でしたが

ガンや肺炎など80歳を過ぎてから

患ってきたせいで

すっかり萎んでしまった。

特に認知症が進行すると

病識もないけど気を付けることも出来ない。

ドクターも致し方ない⤵︎⤵︎という感じでした。

痛くないように

痛まないように。それしか思い浮かびません。

同じ施設に

携帯を握りしめて誰かれとなく

娘に電話して

デパートの外商に電話してという方がいますが

数年前の母を見るよう。

 

一人の人間の生きざま老いていく姿を

まざまざと見せつけられている。

目を背けず見ていくよ、と

最近では思うのです。

実家の母もいるから2人分。

 

1週間後どうなっているのか

数時間先もどうなっていくのか。

不安はたくさんありますが

人が辿る自然の道だと

敢えて達観しようと思うのです。

f:id:nieraya:20200302202532j:image

ほんのり甘いいちごを

夫と夜更けに食べました。

 

穏やかな日々になりますように。

いつもお付き合い頂きありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村