自己嫌悪と藤の花ぶさ

f:id:nieraya:20200428071138j:image
f:id:nieraya:20200428071141j:image

60㎝以上はあろうかという藤の花ぶさ

しゅみえんによると

ノダフジという花房が長くなる種類らしい

正岡子規が花ぶさの短さを詠んだ歌を

何となく覚えていたりして。

とっておきの秘湯です。

 

姑が入退院を繰り返すうち

夫との間にズレが出来て

それが少しずつだけど気付いたら

深い溝になってしまった気がします。

夫は母第一に考えて

私は夫第一に考えて

くるりと回ったら丸くなるはずなのに

ならない。

ケアマネさんも訪看さんの手配など

なるべく母が自立し

私達夫婦の今の暮らしを変えずに済むよう

皆さんで考えて下さっているのに

上手くいかない。

結局

私自身が「良かれ 善かれ」

と思っていることと

彼の価値観が違うのだろう。

昨日つらつらと

夫とどんな時に険悪になるか

今年分を書き出したら・・

大概

私が夫に介護でもその他でも

「○○すべき。××ねばならない」

と言って憤慨していた。

だけど

そうそう何でもOK(^^)

好きなようでいいよー

いつ間にか上手くいったよ♡なんて

絶対言えないしそんな現実はない。・・・

んだけど

私の価値観を夫に無理強いしているのは

事実だった。

自分が正しいと思って

書き出したらば(´-`).。oO

それが判明して以後すごく落ち込んで

自分にがっくり⤵︎⤵︎

茫然としてしまっています。

そういうことなら

もう一緒に居ない方が夫に害が及ばないかも。

気持ちのプロセスを話し合うのは

とても苦手な彼は

私の機嫌の悪さに根を上げて

外食したり、山の中の温泉に行ったりですが

根本は←私も夫も 変わらないので

また同じことの繰り返しなのです。

子育てでは極力気を付けてきたことが

夫には出来ない・・・。

 

発展的別居とか

前向きシングルとか

南国で有名な不動産会社の広告を

ついつい熟読している自分。

単身&転勤族で物理的距離はたっぷりあった故

もう今さら今後も絶対に別居はない!

と断言している彼。

う"ーん?

もうちょっと一人で考えよう(´-`).。oO

こんな愚痴に

お付き合い頂きありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村