カフェ朝ごはんと懐古してみる

ピカっと晴れたので

シーツ類をさっさか洗った途端

ザーザー×100位の雨が降ってきた!

でもいいもんね、気にしない。

町会の掃除当番を済ませてあれこれして

今日はもう出掛ける気満載にして

市内行きのバスに乗りました。

 

途中で新聞買って

最近お気に入りのdanken cafeで朝ごはん。

f:id:nieraya:20200712094627j:image

ゆっくり新聞を読んで

いつもと違う文化面のエッセイや書評

ゲームなどを楽しめました。

毎日新聞を買ったのですが

その中で紹介されていた森茉莉さんや小堀杏奴さんの著作を読んでみよう。

 

最近よく

生まれてから親元を離れる迄の出来事を

思い出しては整理しています。

森茉莉さんの千駄木観潮楼の文章に惹かれるのもそんな気分だからか。

 

横浜で生まれたこと 父は結核治療中だったこと

母は文化住宅に入居したいのと

父の結核で私が小児結核に罹り

2才〜8才は久里浜という海岸そばに

寛解する迄転居したこと

8〜10才は父の仕事と文化住宅にこだわった母が横浜にまた住居を戻したこと

10才からは東京に住んだこと。

 

夫の両親のようにそこで生まれて成人して

結婚して最期を迎えるような生き方に憧れて

羨ましく思った時期もありました。

 

私は姑を看取って

夫も看取って南国の家のお墓に入るのを

見届けたら、どこにいるんだろう。

状況が変わって南国で暮らしているけど

最期を迎える数年は

やはり東京か生まれた横浜のどちらか

便利で安全な地で暮らしていると思う。

帰趨本能ってすごい機能だわ。

若い頃は微塵もそんなこと考えてなかった。

コロナがひと段落したら

かつて住んだ横浜、久里浜、馬堀海岸

新婚当初住んだ浅草稲荷町辺りを巡ってみたい

f:id:nieraya:20200712100829j:image

とても深い赤色の紫陽花の花後をもらって

挿し芽したら2本とも付いてくれた♡

いいことあるかな。

 

佳き日になりますように

いつもお付き合い頂きありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村