自分でも不思議な気持ち

明日から母を迎えに帰省します。

もしコロナが無かったら

2、3ヶ月に一度くらい帰省して

次男の挙式もして無事済んでいて

母も遊びに来たりしつつも

母と離れた暮らしは続いていたと思う。

 

3月に挙式が延期

4月にずれ込み結局流れて

私の帰省も毎月流れて

最後は高齢の母が「寂しい。心細い。」と

根を上げる形で決着が着きました。

あるべき形に緊急事態だから落ち着いたのだろうか。

好き嫌いとか何かもう言えない形で

母と住まうことになってしまった。

しかしですね

姑を看て

叔母や近所の超高齢の方々の

ライフスタイルを見て

仕事やボランティアでも人生の先輩方の

生き方に関わらせて頂いたら

何だか自然に

母を受け入れる気持ちになってきて

それは自分でも不思議な気持ちです。

 

何が変わったのか自分でも分からないけど

あんな変人な人の割に頑張ったじゃない

そして最後は

一番弱い人が根を上げざるを得なかったことに

何だかとても同情してしまったんだなと思う。

 

来週はこの風景で母も生きる。

f:id:nieraya:20200930202643j:image

自分が生まれて育って55年生きた下町。

またちょくちょく会いに行きますよ。

f:id:nieraya:20200930202813j:image
f:id:nieraya:20200930202805j:image
f:id:nieraya:20200930202809j:image

そして下町や周辺でこれからも住まい

生きていく息子達をよろしくお願いします

浅草の神様仏様。

 

いつもお付き合い頂きありがとうございます。

佳き日になりますように。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村