読書だからできる体験とその先

日曜日の午後

南日本新聞の書評欄に掲載されていた

朝吹真理子さんの著作を探しに図書館に行きまた。

朝吹さんに辿り着く前に

ふと目に止まったのが「人殺しの息子と呼ばれて」という題名の本。

最初はパラパラでしたがそのうち熟読してしまいました。

今26才になるであろう彼自身の事件のトラウマには

「いつかよくなればいい」と答えていました。

親が逮捕された9才からのその後の人生を

淡々と語り、今は会社員として働く彼には頼もしさを感じたけれど

もっともっと理不尽なことに痛めつけられている方々を思うと

微力でも何か出来ないのか、と忸怩たる思いになりました。今は彼もそうしたサポート団体を立ち上げる気持ちが出てきたとのこと。

 

親を選べない子。

 

うちの母はACではないかと思えば

納得出来るところはあるけど

だからといって、母自身の幼児体験にしがみ付くだけで、肝心の目の前の我が子にしたことは

今でも全て許している訳ではなく

自分が母に対して何かしてしまう前に

もう金輪際縁切りだ、と何千回思ったことか。

 

色んな方々のお話や自分の体験を照らし合わせるほどに、これは母に問題があったのだと思える。

姑は無条件に私を娘のように接してくれた。

だから私はずいぶん救われた。母性の愛を姑から知ったと思う。

それをまた嫉妬した母の数々の言動行動。

やっと距離的に離れられたのに

コロナ鬱と言われたら

母を迎えないわけにはいかないじゃない。

同じ轍は踏まないから。母とは違うから。

 

私だって紙一重だ。

だからこそ今後何か力になりたいと思います。

モヤモヤしたら、歩く!

なんとスッキリ。

f:id:nieraya:20210405101949j:image

さて。

f:id:nieraya:20210405073345j:image

初朝吹さん。

実は彼女の育ちの余りの良さにいじけて

別にいいや〜なんて読まず嫌いだったのですが

なんと理知深くだけど天然で

文学の教養深い且つ勉強家なのだろうと

日曜日の夜じっくりゆっくり読みました。

f:id:nieraya:20210405073648j:image

ヘネシー水割りをちょびっとずつ飲んで。

至福の時間となりました。

 

母としてこれ以上ないほどの愛情をかけて育ててもらった、と綴る朝吹さん。

私の子ども達もそう思ってくれるだろうか。

 

佳き日になりますように。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村