いつもの旅館で読書三昧

f:id:nieraya:20211204123031j:image

旅行人山荘の佳き点はたくさん有りますが

ライブラリーがあって

スマホ三昧な日々から離れて読書三昧な時間を送れることです👓

「理由」1996年当時、きっと読書どころではなかたのかもだけど、何度か読んだ筈なのに

すごく新鮮に500ページを読了しました。

舞台になった荒川区の当時のマンションは

子ども達の友達も住んでいたし

私達も一度は購入希望で下見もしたり(笑)

警察庁長官の狙撃事件があったり何かと

何かとリンクする時代の作品でした。

あれから25年経った今の方が

人には色々な理由があるということが分かる。

宮部さんも下町育ちだからか

大した理由じゃないけど様々な理由で

人生が色々になってしまう市井の人をよく見ていたのだろう。

読み応えのあるミステリー。

ミステリーの金字塔かもしれません。

次はこの2冊。

f:id:nieraya:20211204124508j:image

冷え冷えの空気を感じつつ暖かな室内で

お茶やコーヒーを美味しいお水で淹れて

読みたいと思います。

f:id:nieraya:20211204124533j:image

藪椿。麗しい。

f:id:nieraya:20211204132306j:image

奥のライブラリーでも読書

f:id:nieraya:20211204132409j:image

佳き週末

佳き日になりますように

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村